【子連れで青森県】青森県立三沢航空科学館の見どころは?施設情報やグッズ・お土産、食事なども紹介!

【子連れで青森県】青森県立三沢航空科学館の見どころは?施設情報やグッズ・お土産、食事なども紹介!

好奇心旺盛な男の子と一緒に行くなら、青森県にある三沢航空科学館をとずれてみてはいかがでしょうか?見て触れて、楽しめるコーナーが盛りだくさんなのが三沢航空科学館の魅力なんです!

今回は、三沢航空科学館とはどんなところなのか、見どころやおすすめのグッズ、お土産についてもご紹介します!

青森県立三沢航空科学館の見どころポイント

入館前から楽しめる!

この投稿をInstagramで見る

初めて三沢航空科学館に行ってきた✈️ * 三沢自体初めて✩⋆*॰¨̮⋆。˚✩ * いろんな航空科学の体験したり 楽しかったー! * 大人も結構楽しめるスポットでした😍 * 無重力体験したりコックピットに座ったり貴重な経験できました😆 * ジブリの風立ちぬのモデル飛行機 零戦の当時の物もあって これに乗って戦争行ったんだなーと思うとちょっと怖い。。 4人の内3人が殉職したらしい😱 * * 零戦の展示は別料金です💰 * #三沢 #三沢航空科学館 #飛行機 #飛行機女子 #零戦 #風立ちぬ #ジブリ #堀越二郎 #旅客機 #コックピット #無重力 #無重力体験 #体重制限 #こどもの日 #女子旅 #仲良し #gw #満喫 #ゴールデンウィーク #帰省 #毎月帰省 #仲良しだから

mutsumi wakakiさん(@mm6114)がシェアした投稿 –

三沢航空科学館は中に入る前から楽しめるのが魅力の1つなんです。まず、無料で楽しめる大空ひろばには、大迫力の航空機が並んでいます。

実際に搭乗できる機種もあるので、晴れた日はここで1枚写真撮影をしておくといいですね!さらに、その反対側エリアには小さな子供でも楽しめる遊具があるので、今日はお散歩だけ、なんて日でもふらっと立ち寄れますよ。

見て触れて、体験できる科学ゾーンや航空ゾーン!

有料エリアには、航空科学を実際に体感できる展示物がたくさん並んでいます。無重力体験や、操縦体験、さらには実際の航空機に乗り込めたりと、小さな子供だけでなく大人も思わずワクワクできる展示物がたくさんあります!

また、小学校や中学校ぐらいのお子さんなら、併設されている科学実験工房で、体験イベントも随時行われているのでお楽しみできますよ!

青森県立三沢航空科学館の子供が喜ぶポイント

展望台から本物の飛行機が見える!

青森県立三沢航空科学館は、実は三沢空港に程違い場所に存在していますので、時間さえあれば3階の展望エリアから飛び立つ飛行機の見学ができちゃいます!

また、展望エリアには望遠鏡も設置されているので、晴れた日には広大な公園施設を見渡すこともできます。

小学生未満の子でも楽しめるこどもスクエア

何となく、三沢航空科学館は年長さんや小学校以上のお子さんが楽しめる場所と言うイメージもありますが、小さなお子さんでも楽しめるエリアが存在するんです。それが、こどもスクエアです。

遊具や絵本、おもちゃがたくさんあるので、ちょっと展示スペースは難しいかな?というお子さんでも、ここならたっぷり遊ぶことができますよ!

青森県立三沢航空科学館のグッズやお土産情報

ミス・ビートル関連グッズ

三沢航空科学館には、1931年に太平洋無着陸横断飛行をした、ミス・ビートル号という飛行機が展示されています。三沢航空科学館には、このミス・ビートル号に関連したグッズがイチオシで販売されています。

紙飛行機や、オリジナルキャップ、プラモデルなど、赤い機体が特徴的なかっこいいミス・ビートル号のグッズをお土産に購入するのもおすすめ!

ガチャガチャも要チェック!

先日行ったときに思わず感心してしまったのが、ガチャガチャです。ミュージアムショップの周りにはいくつかのガチャガチャがあるのですが、航空機関連のガチャガチャもいくつか存在しています。

私もこどもせがまれ1回やってみたのですが、結構リアルな重厚感ある飛行機の模型をゲットしてまいりました。常設されているものかどうかは不明ですが、興味のある方はぜひ、ガチャガチャコーナーもチェックしてみてくださいね。

青森県立三沢航空科学館のおすすめグルメ

バリバリフランクチーズカレー

三沢航空科学館に隣接しているひこうきカフェでは、軽食を楽しむことができます。三沢といえば、米軍の駐屯地があるということもあり、アメリカンフードを楽しむことができます。

なかでもおすすめは、バリバリフランクチーズカレー!インパクト大な見た目のこちらは、カレーの上にチーズがかかったフランクフルトが乗っています。

せっかく来たならぜひ一度は食べてみてくださいね!

イベント時にはフード出店も!

普段は、併設されているひこうきカフェがメインになりますが、大型連休などの時には特別フード出店コーナーなどもあります。私が行った時には、たこ焼き屋台やクレープ屋台などもあったので、小さなお子さん連れの場合には屋台で買ったものをお外でピクニック気分で食べるのもいいかもしれませんね!

青森県立三沢航空科学館の基本情報

青森県立三沢航空科学館の入場料

三沢航空科学館の展示エリアへの入場料は、大人510円、高校生300円、中学生以下は無料となっています。あとは、科学実験体験や特別イベントがある場合には、体験するたび都度別料金が加算されます。

青森県立三沢航空科学館の営業時間

通常、三沢航空科学館では9:00~17:00まで営業しています。8月の上旬頃は、18:00まで営業していることもあるので、詳しくはホームページやお問合せしてみてください。

また、休刊日は毎週月曜日で、月曜祝日の場合は次の日がお休みです。年末年始12月30日から1日までお休みなっているほか、メンテナンスがあると特別に休館日を設定することもあるそうなので、確認してから行ってみましょう!

青森県立三沢航空科学館のアクセス・駐車場情報

三沢航空科学館は、いわゆる市街地からは少し離れた場所にあります。三沢空港からなら車で6分、三沢駅からなら車で15分と、車での移動がメインになります。

ちなみに、土日祝日には、無料のシャトルバスも運行されているので確認してみてくださいね。

駐車場は、公園と広場の周りにたっぷりあるので、大きなイベントがない限りはすぐに止められると思います。

青森県立三沢航空科学館の混雑状況は?  

  先日、私もGWに行ってまいりましたが、そこまで混雑しているという印象はありませんでした。もちろん、にぎわってはいましたが、行列でなかなか入館できない!ということはありませんでした。ただし、人気の展示物はやっぱり30分待ちなんてこともあったりするので、人混みが苦手な人は大型連休などを避けていくのがいいかもしれません。

青森県立三沢航空科学館の周辺施設

三沢オートキャンプ場

三沢航空科学館周辺は、実は広大な敷地に囲まれているため、近くといっても車での移動がメインになります。青森県を満喫したい!と言う人は、三沢航空科学館から車でおよそ15分程度の場所にある三沢オートキャンプ場で過ごしてみてもおすすめです。

市民の森公園

 また、三沢オートキャンプ場近くには、市民の森公園という広大な公園もあります。温泉やレストハウスなどの施設が併設されているので、ぜひそこも利用してみて下さいね。

まとめ

晴れた日の三沢航空科学館は、外でも中でも楽しめる魅力がたっぷり詰まったスポットです!小さなお子さんから大人まで、たっぷり楽しめるのでぜひ青森県に立ち寄ったら、一度足を運んでみてくださいね!