共働き夫婦の一人の時間の作り方は?その方法をご紹介!

共働き夫婦の一人の時間の作り方は?その方法をご紹介!

共働きだと、仕事が終わってから掃除や洗濯、晩ごはん作りなど家事に追われて忙しいですよね。

共働きの場合、仕事をしているので一人の時間を作るのがとても難しいです。

やっと家事が終わって一息つこうとしても、パートナーと一緒にテレビをみているうちに眠くなってきてあっという間に一日が終わってしまいます。

一人の時間を作るには、コツが必要です。

今からその方法を具体的に解説しますね。

いちばん大事なのは相手に正直に話すこと

いちばん大事なのは相手に正直に話すこと

最初にいちばん大事なこと、それは「一人の時間が欲しいと正直に話すこと」です。

いくら夫婦いえど、ちゃんと言葉にしないと気持ちは伝わりません。

この空気から察してよと思う気持ちも分かりますが、ちゃんと言葉に出して伝えた方が正確に伝わりますし、時間もかかりません。

ちゃんと話し合いをせず、勝手に夜遅くに帰ってきてみたり、ストレスがたまって不機嫌になるよりはお互いに気持ちを話したほうが良いですよね。

家事は手抜きも大事

家事は手抜きも大事

話し合いもしてお互いの合意が得られたら、次は物理的に時間を捻出しなければなりません。

共働きで何がいちばん時間がとられているかというと、それは家事です。

3食のごはんを作って、家の掃除をして、洗濯をして・・・と毎日大変だと思います。

そこで自分の時間を作るために、家事を手抜きしましょう。

最初は家事を手抜きすることに罪悪感をもってしまうかもしれません。

ですが、共働きで完璧に家事をしようとすると、時間がかかるのはもちろんのこと、毎晩メニューを考えたりするのは本当にストレスです。

夫婦で話し合って家事分担をするのも良いですが、ここでは手抜きするテクをご紹介します。

朝食はワンパターン化して思考と時間の節約

毎日メニューを考えるのは本当に大変ですよね。

なので朝食はワンパターン化してしまいましょう。

ワンパターン化すれば、毎朝もしくは前の日の夜悩まなくても良くなりますし、朝に同じ行動をとるルーティーンが決まってくると目覚めも良くなります。

私は毎朝、トーストとコーヒーとゆで卵と決まっています。

ゆで卵は作り置きできますし栄養もありますので朝食にはピッタリです。

時短家電でラクする

食器洗い機や洗濯乾燥機など、時短ができる家電は普通の家電より値段がお高いですよね。

ですが、時短家電を買えば一人の時間をもちやすくなります。

食器を洗う時間、洗濯物を干す時間ひとつひとつはそんなに時間がかからないように感じますが、トータルするとかなりの時間が節約できます。

また、コインランドリーで乾燥するのもおすすめです。

300円で約30分ほど乾燥させることができます。300円でしたらそんなに敷居も高くと思います。

しかも高温で乾燥してくれるので、タオルはふわふわですし殺菌効果もありますよ。

たまには家事代行に頼んでみるのもアリ

家事代行は一度頼んでみるとその素晴らしさが分かります。

他人が家の中に入るのはちょっと嫌という方もいるかもしれませんが、家事代行に任せればプロの技術で家を清潔にしてくれます。

少しでも興味のある方は、お試しコースなどがある家事代行もありますので試しに頼んでみることをおすすめします。

子どもに対する時間をうまく使う

子どもに対する時間をうまく使う

共働きでお子さんがいる場合は、自分の時間ってほとんど皆無です。

お子さんのために時間を使うことはもちろん大事です。

なので子どもに対する時間をうまく使うことが大切になってきます。

晩ごはんを食べたら寝るまでは子どもに任せる

大きくなったら晩ごはんから寝るまでの時間の間、子どもにある程度任せてみましょう。

子どもを集中させる

子どもが何かに集中している時静かにしていてくれるので、こちらも時間をうまく使えますよね。

映画を見てもらえば2時間ほどは時間が取れますし、もし外で遊ぶときは全力で身体を動かせば夜ぐっすりと眠ってくれます。

子どもが寝ている時は絶好のチャンス

子どもが寝ている時は自分も集中できるし、またとないチャンスですよね。

夜、ぐっすりと眠らせる為に日中運動させるのは必須です。

相手が自分の時間を欲しがっている場合もある

相手が自分の時間を欲しがっている場合もある

逆のパターンで、もし相手から自分の時間が欲しいと言われた場合。

せっかくの休みの日、パートナーと一緒に過ごしたいという気持ちがあるかもしれませんが、1か月に1度はそういう時間を作ってあげましょう。

例えば、パートナーの休みの日に自分は美容院に行く、友達などの予定を入れる、でしたら自然にパートナーも一人の時間がもてるのではないでしょうか。

まとめ:正直な気持ちを話して手抜きする勇気をもつ

共働きで一人の時間を作りたいと思っている方、まずはパートナーにちゃんと自分の気持ちを伝えましょう。

そうすることで相手も協力してくれるはずです。

そして、手抜きする勇気をもって、家事を時短家電や家事代行などに任せましょう。

共働きの場合、一人の時間は自分で作ろうとしなければなかなか作れませんのでまずは行動してみてくださいね。