産後に尾てい骨が痛むのはどうして?おすすめのツボを紹介!

「産後に尾てい骨が痛むのはどうして?おすすめのツボを紹介!」のアイキャッチ画像

最近、いとこに赤ちゃんが生まれたので、お祝いを持って見に行く機会がありました。2人目の出産ということもあり、すぐに生まれると思っていたものの、思っていた以上に時間がかかってしまって大変だったという話をしてくれました。

何か困っていることはある?と聞いてみたところ、いとこが言うには、今はとにかく尾てい骨が痛くて困っているとのこと。正直、私には経験がないことなので、どんな痛みなのか想像もつきませんでした。

そもそも、出産したことで尾てい骨が痛くなるものなのでしょうか。そこで今回は、出産によって尾てい骨が痛くなるのは本当なのか、さらに痛みの理由についても調べてみました。

今現在、出産の後の尾てい骨の痛みにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

産後の尾てい骨の痛みの理由は?

「産後の尾てい骨の痛みの理由は?」のアイキャッチ画像

そもそも、出産後に尾てい骨が痛くなることは本当にあることなのか調べてみました。そうしたら、私としては意外だと思ったのですが、出産後、多くのお母さん方が尾てい骨の痛みに悩んでいるんですね!

しかも、痛み方も半端ないようで、立っても寝ててもとにかく痛い!と思われているお母さん方結構いることがわかりました。産後は、赤ちゃんの抱っこやお世話もしなければならないため、自分が泣きたくなるほど痛みを我慢しながら行っている人も多いようですね。

自分が経験してこなかったことなので、どれだけ痛いものなのかを説明することはできませんが、今まさに経験真っ最中の人は、本当につらいことだと心中お察しいたします…。

でも、どうして産後に尾てい骨が痛くなるんでしょうか。調べてみたところ、次のことがわかりました。

この産後の尾てい骨の痛みは、出産する時に赤ちゃんが産道を通って出てくることで骨盤や尾てい骨を押されることが原因であること。さらに、大きい赤ちゃんを出産された場合には、尾てい骨自体を損傷している可能性もあるということです。                

確かに、尾てい骨が痛いと言っていたわたしのいとこは、4,000グラム近い赤ちゃんを出産しました。妊娠中も、お腹がひと際大きくて大変そうだったのを覚えています。

一方、痛みを感じなかった私の子供は、3,000g程度とそんなに大きいわけではありませんでした。つまり、大きな赤ちゃんを産んだ人ほど、尾てい骨が痛くなりやすいということでもあるんですね!

産後の尾てい骨の痛みの対処法は?

「産後の尾てい骨の痛みの対処法は?」のアイキャッチ画像

今回は、尾てい骨の痛みに悩むお母さん方のために、対処法についてもまとめてみました。有効な方法を調べてみたところ、色々な方法があるとがわかりましたが、中でも効果がありそうだなぁ~と感じたのが、ツボ押しです。

やり方はとっても簡単!おしりの割れ目から指2~3本分くらい上の部分を、親指を使ってグーっと押します。だいたい5秒ぐらいの間隔で、5回ほど繰り返してみてください。

このツボは、仙骨という骨の上にある「中髎(ちゅうりょう)」というツボで、尾てい骨の痛みを和らげる効果が期待できるんだそうです。中髎(ちゅうりょう)は、痔などのおしりのトラブルにもいいと言われているツボで、産後のお母さん方のトラブルにもおすすめのツボなんだそうです!

ちなみに、このツボ押し以外にも体操が有効的であると言われています。尾てい骨の痛みを取る体操が、Youtubeでも公開されているので、あわせて紹介します。

こちらもやり方はとっても簡単!

  1. うつ伏せになる
  2. 右足をぐーっと遠くを目指して伸ばす
  3. 左手をおしりに向けて伸ばす
  4. 右手は前方へ伸ばす
  5. 骨盤をずらす
  6. ちょっとずつ右足を上へ引き上げる
  7. お腹も少し浮かせる
  8. 左足も同じ要領で繰り返す

これなら、寝ながらできる運動ですので、ツライ動きがありません。尾てい骨が痛くて動けないという時でも、これならなんとかなりそうですよね!

産後の尾てい骨の痛みにお困りの方は、ぜひ挑戦してみてくださいね!

産後に尾てい骨が痛い人は次のことに気をつけよう!

「産後に尾てい骨が痛い人は次のことに気をつけよう!」のアイキャッチ画像

産後の尾てい骨が痛い時期は、人によって長引きかたがまちまちです。割とすぐに痛みが引く人もいれば、結構長引いているという人もいます。

産後の生活では次のことに気を付けるのがよさそうです。

  1. 重いものを持たない
  2. 無理な運動は避ける
  3. 変な姿勢を取らない

他にも、どうしても痛みが気になってしまう場合には、うつぶせ寝をするのがいいという方法も紹介されています。しかし、一番は専門のお医者さんにかかることが一番だと私は思います。

それこそ、尾てい骨自体が損傷しているとなれば、自分で治すにもそう簡単なことではありません。きちんとした処方をしてもらうのが一番だと思いますよ。痛くて痛くてどうにもならないときは、産婦人科の先生に相談してみたり、整形外科の外来診察を受けることも考えてみてくださいね!

まとめ

  1. 大きな赤ちゃんを産んだお母さんほど尾てい骨が痛くなりやすい!
  2. 尾てい骨が痛む理由は出産によって尾てい骨が押されること!
  3. 尾てい骨が痛むときはツボ押し・体操・受診で対策すること!

産後のお母さんの身体はとってもデリケートです。赤ちゃんのお世話もあって大変だと思いますが、自分の身体を大事にしてあげてくださいね!