「産褥」って何を指す言葉?正しい意味や産褥期の過ごし方は?

「「産褥」って何を指す言葉?正しい意味や産褥期の過ごし方は?」のアイキャッチ画像画像

30歳にして、ようやく授かった我が子。現在反抗期の真っ最中で、イヤイヤ期の全盛期です。

初めての子を産むときのことはよく覚えており、痛かったなぁ~とか、産後もしばらく腰が痛かったなぁ~と、いい思い出もつらかった思い出もひと際残っています。そんな私が唯一失敗したなぁと思っていることが、産褥期の過ごし方です。

産褥という言葉すら知らなかった私、産褥期の過ごし方ももちろん知らずに過ごしてきて今に至っております。しかし、妊娠から出産を過ごすなかで一番大切にしなければいけないともいわれているのが、実はこの産褥期なんだそうですね。

先日ふと、出産を終えたばかりの友人のところに言ったとき、「産褥」ってそもそも何なの?という疑問が浮かんできました。そこで今回は、私だけでなく誰もが実は意味をよく理解していない「産褥」という意味について調べてみました。

「産褥」ってそもそもどんな意味を持つの?

「「産褥」ってそもそもどんな意味を持つの?」のアイキャッチ画像

産褥という言葉は、産むという言葉と褥という言葉に分かれます。産むは言わずもがな、みなさんわかる通り、生み出すとか、分娩するという意味ですね。

ではもう1つの「褥」という漢字、そもそも読み方を皆さんご存知ですか?漢字に強い方ならわかることでしょう。

この「褥」という漢字は、「しとね」と読みます。そして褥の意味は寝床を表す言葉なのです。つまり、「産」+「褥」は、直訳すれば、出産した人の寝床ということになります。

しかし、これは一般的な解釈とは異なります。日本では、産褥の意味を妊娠・分娩後の母体の復帰にかかる期間としているのが正しい意味と理解されています。

妊娠・出産は、かなりの負担を負うことで、寝床は身体の回復をする場所です。そのため、現在では産褥という言葉自体が、復帰にかかる期間と認識されているようです。

ちなみに、産褥期という言葉は期間を表す言葉ですが、具体的な期間とはどれくらいかご存知ですか?
1か月とか、2か月だと理解している人も多いと思いますが、実は6~8週間、約2か月程度を指す言葉なんだそうです。

産褥期の正しい過ごし方は?

「産褥期の正しい過ごし方は?」のアイキャッチ画像

冒頭私は、産褥期を失敗したと言いました。何に失敗したのかというと、実は昼夜が逆転してしまい、軽い睡眠障害に悩まされてしまったことです。

子供の寝るタイミングが、見事に昼夜逆転してしまったことで、夜型の生活になってしまい、バランスが崩れたことで、なかなか眠ることができない体質になってしまったのです。子育てをしている方なら、割とこういった経験をされている方も多いと聞きます。

産褥期は本来、身体を復帰させる期間ですから、こうした生活を防ぐためにはどういうことに気をつけなければいけないのか、知っておく必要がありますよね。そこでここでは、産褥期の正しい過ごし方についても、調べてみたのでご紹介します。

まず、産褥期にすることは、ズバリ寝ることです。家事は極力避け、安静にしなければいけないと言われています。

外出もできるだけ避け、寝起きを中心とした生活をするのがベストだと言われていますね。ちなみに、お風呂に関してもシャワーのみにとどめ、必要最低限の生活をするのがいいと言われています。

3週間から4週間の産褥期の後半に入ったら、徐々に身の周りのことから始めてもよさそうです。普段行っている家事も、座ってできるようなことを中心に開始していきましょう。

その後、産後の1か月健診を受けるタイミングがやってきます。ここではじめて、医師の許可を経ていつも通りの生活に徐々に戻っていくのがいいと言われています。

私が昼夜逆転してしまったのは、産後2週間から3週間のことでした。子供の夜中の授乳もあることから、夜は全く眠れず、昼であっても眠れない日が続いてしまいました。

夜中の授乳のせいで、なかなか眠れない人も多いと思います。まとまった睡眠がとれないときは、こまめにお昼寝をするといいと言われましたが、それもなかなかできる人とできない人がいるんですよね。

あとから、市の保健士さんに相談してわかったのですが、お昼寝が長すぎる赤ちゃんは、起こしてもいいのだということを知りました。例えば、夕方になってもお昼寝をしているとか、3から4時間も寝ているとか、日中に寝てしまう赤ちゃんは、昼夜逆転を起こしやすくなるそうですので、足の裏を刺激して起こしてあげるのがいいと言われました。

私のように、産褥期を失敗しないためにも、赤ちゃんの寝るタイミングは早い段階から管理してあげるのがよさそうですね。ちなみに、昼夜逆転していなくても、夜中に赤ちゃんが起きて泣いてしまうということは結構あることです。

何をしても泣き止まない、という時は次の動画も参考にしてみるといいですよ!

まとめ

・産褥期とは産後の回復期のこと!

・産褥期はしっかり寝て休むこと!

・昼夜逆転しないためには赤ちゃんのお昼寝の管理をすること!

私も産褥期について、後から知ってためになることがたくさん知ることができました。もし次の子を産む機会があるならば、ぜひ活用したいことばかりです。

ぜひみなさんも、自分の身体を労わって、素敵な子育てを楽しんでみてくださいね!