産後も子宮に痛みがあるのはどうして?いつまで続くもの?

「産後も子宮に痛みがあるのはどうして?いつまで続くもの?」のアイキャッチ画像

産後に子宮が痛む人が多いと聞きます。私も産後すぐは後陣痛に悩まされたことがありましたが、気づけば治っていたというのが正直な感想です。

しかし、私の周りにも結構いるのですが、産んでしばらく子宮がしくしくと痛むというお母さんが多いみたいですね。そんな産後の子宮の痛みに悩んでいるお母さん方のために、今回は子宮の痛みの原因と、いつまで続くものなのかを調べてみました。

産後も子宮が痛み続ける理由はどうして?

「産後も子宮が痛み続ける理由はどうして?」のアイキャッチ画像

お産を経験されたお母さん方なら、「後陣痛」とか「産後陣痛」という言葉を聞いたことがあると思います。産後に、まるで陣痛がきているかのように子宮が痛むことを指す言葉です。

産後の子宮の痛みはまさに、後陣痛が原因だとされています。この後陣痛は、なぜ起こるのかというとそれは子宮が戻ろうと頑張っていることが理由だと言われていますね。

今まで赤ちゃんを育てて保護していた子宮は、赤ちゃんの大きさに合わせて変化していました。しかし、赤ちゃんが生まれた後は、子宮は本来あった形や大きさに戻ろうと収縮を続けます。

この収縮によって子宮が痛むのが、後陣痛なんです。私も産後2~3日くらいまではお腹が痛いなぁと感じることがありました。でも、初産だった私よりも2人目・3人目を産んだお母さん方の方が後陣痛に苦しんでいるように感じました。

これについても調べてみたのですが、経産婦(初産ではないお母さん)さんは子宮の開き方が初産の方に比べて大きくなっていることから、後陣痛もつらくなるようです。

産後の子宮の痛みはいつまで続くもの?

「産後の子宮の痛みはいつまで続くもの?」のアイキャッチ画像

お産の痛みは、お産が終わればすみますが、後陣痛はいつまで続くかわからないので、お母さん方の中には不安に思う人も多いと思います。一体いつまで続くものなのでしょうか。

気になって調べてみたところ、具体的な期日については見つけることができませんでした。一般的には、3日も断てば治る人が多いように感じます。

しかし、人によっては1週間近くも痛みを感じる人もいたりと、色々な痛みの感じ方をされているようです。しかし、退院後もしばらく痛みが続くようであれば、きちんと産婦人科のお医者様の診察を受けるのが好ましいようです。

ちなみに、私が出産を経験した後は、先生が痛み止めの薬を処方してくださっていました。普通に生理痛や頭痛などでも処方される鎮痛剤をもらったと記憶しています。

その処方薬のおかげもあってか、あまり後陣痛に悩まされることなく過ごすことができました。もし退院後、どうしても子宮が痛みを感じるようであれば、自分で鎮痛剤を選んで飲むのではなく、きちんとお医者さんに処方してもらった薬を飲むのがいいと思います。

特に、自分のおっぱいで赤ちゃんを育てているお母さんは、薬の成分が母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまわないようにしなければなりませんからね!

産後の子宮の痛みを和らげる方法は?

「産後の子宮の痛みを和らげる方法は?」のアイキャッチ画像

ちなみに、痛みはあるけれど、薬には頼りたくないというお母さんのために、産後の子宮の痛みを和らげる方法についても調べてみました。調べた中から今回は、2つの方法をご紹介しますね。

授乳

まず1つ目は、授乳です。私も、産後すぐに看護師さんから「子宮が痛い時こそ、回復を促すために授乳しないといけないよ!」と教わりました。

みなさんも、そう教わってきたのではないでしょうか。でもどうして授乳が子宮と関係するのか、その謎についても調べてみたところ、どうやらホルモンが関係しているみたいです。

授乳をすると、オキシトシンというホルモンが分泌されやすくなります。このオキシトシンは、子宮の収縮を促す効果を持つと言われています。

そのため、早く子宮の回復をさせたいならば、赤ちゃんに授乳をさせてあげることが大切なんだそうです。授乳のタイミングが合わない人は、搾乳機などを使ってみるのもいいかもしれませんね!

ツボ押し

二つ目は、ツボ押しです。ツボ押しのいいところは、いつでもどこでも簡単に取り組めることです。

私がおすすめするツボは、三陰交です。三陰交は、生理痛にも効くツボだと言われており、冷え性や、お腹の不調などにも効果があると言われています。

三陰交の場所は、足のくるぶしから指3~4本分くらい上の部分に存在します。この三陰交を、ゆっくりと指で指圧することで後陣痛の痛みを和らげるのに役立ってくれると言われているんですね!

後陣痛だけでなく、生理痛などにも効くツボなので、何かと覚えておくと便利なツボでもあります。具体的な押し方や、場所についてはYoutubeでも紹介されていましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

・産後の子宮の痛みは子宮が収縮することで起こる!

・後陣痛はだいたい3日程度続く!

・授乳やツボ押しで痛みを和らげることもできるが、ひどい時は通院をする!

以上が、私が調べてみた産後の子宮の痛みについてです。一番大切なことは、あまりにひどく痛むときはきちんと診察を受けることです。

何かあってからでは遅いので、1週間以上も子宮が痛み続ける場合は、無理せずお医者様の指示を仰ぎましょう!