本当に怖い30代の下半身太り!その原因や気をつけるべき病気は?

「本当に怖い30代の下半身太り!その原因や気をつけるべき病気は?」のアイキャッチ画像

私が太りやすくなったなぁと感じたきっかけは、ブーツが入らなくなったことでした。特に、夕方の仕事帰りのことです。

朝履いてきたロングブーツが、ふくらはぎの途中で止まる…。「あれ?もしかして私、下半身太りしてる?」と感じた瞬間でした。

みなさんの中にも、こんな経験をした方いらっしゃいませんか?ほかにも、ワンピースを着たときのシルエットが洋ナシ体型だったとか、いつもジーンズの太ももがきつくなったとか、30代になっていつもと違う変化を感じること、ありますよね?!

実はそれ、30代から下半身太りなんです。しかも女性に特にある、恐怖の症状なんですよ!

そこで今回は、本当に怖い30代の下半身太りの原因や、それによって引きおこる病気について調べてまとめてみました。

30代の下半身太りの正体はむくみにある?

30代の下半身太りの正体はむくみにある?アイキャッチ

下半身が太ったなぁと感じる人には2パターンあります。実際に体重の増加を伴っているパターンと、体重の変化はとくにないのに下半身だけが太っていると感じているパターン。

私の場合は、体重の大きな変化がない後者のパターンでした。そのためすぐに、「ああこれは、むくんでるんだな。」と判断することができました。

多くの女性が、30代から下半身太りを実感するのがこの、むくみによるものなんだそうです。体重の変化がないならいいやと思っている人も中にはいるかもしれませんが、実はこのむくみが一番怖い存在だったりするんですよ!

むくみは病気の始まりって本当?

むくみは病気の始まりって本当?アイキャッチ画像

下半身太りの多くのケースでもあるむくみは、病気の兆候を表すこともある怖い症状だって知ってましたか?実際に、むくみがひどいことを理由に病院に行ったら、他の病気が見つかったと言う人もいるみたいです。

それくらい、むくみが病気と密接な関係にある症状なんだそうです。しかし、実際には一般的に下半身太りを引き起こすむくみの原因こそが病気を引き起こす原因につながっているようですね。

むくみを引き起こす原因、それが「冷え」なんです。冷えは、血流を妨げ、むくみを起こし下半身太りを引き起こします。

冷え性の人は、痩せづらいと言われていますが、血流が悪くなることでむくみが起き、下半身太りが起きます。さらに、下半身太りしやすい女性は、冷え性によって婦人科系の病気や動脈硬化などにもつながるリスクも大きくなるんです!

30代は、特に体質変化によってこれまで以上に下半身太りがしやすくなるものです。あぁ、年齢のせいだなぁと悠長に構えるよりも、原因であるむくみや冷えに立ち向かわなければいけないのです!

むくみや冷え性を解消する方法は?

何を隠そう、極度の冷え性でもある私が下半身太りを解消するべく、はじめにやったことは温めることでした。冷え性やむくみの原因は、血行が悪いことで起こるそうなので冷え取り靴下を常に履くことにしました。

次に、毎日お風呂でのかっさマッサージをやってみました。「血液よ、リンパよ、流れろ!」と念じながら、毎日ゴリゴリゴリゴリとマッサージを続けてみました。

ちなみに、Youtubeでもやり方を紹介されていましたので、載せておきますね。

それから、食事も冷え性に聞くしょうがをたっぷり食べるように気を付けるようになりました。

ご存知でしたか?
しょうがは、生で食べるよりも加熱して食べたほうが冷え性に効果的なんだそうです!これは、しょうがに含まれるショウガオールという成分によるもので、ショウガオールは熱によって生まれるからなんですって。

おすすめは、炭水化物や糖質の代謝に役立つ豚の生姜焼き!たっぷりしょうがを入れた特製生姜焼きでむくみを改善するのもいいですよね。

最後に私がやった方法は、水分補給です。流れが悪いなら、たっぷり水分を取って無理やりにでも流してやろうという、安直ですが私なりに考えた結果のことです。

しかし、水分補給はあながち間違っていないようです。やっぱり、水分が不足すると巡りは悪くなるもので、冷え性も起きやすくなるんだそうです。
下半身の水太りが気になる人は、食事の塩分を抑えるとさらに良いようですよ。冷たい水よりも、常温の水がさらに◎。

私がやってみた方法はどれもこれも簡単な方法でしたが、効果は表れていると実感できています。実際に、下半身太りの原因であるむくみは気になりづらくなりましたし、足先が冷えなくなりました。

まとめ

①30代で下半身太りが起こる原因はむくみと冷え!
②温めたりマッサージは解消におすすめ!
③しょうがを加熱して食べるのもおすすめ!
④水分補給は大切!

30代はとくに体質的に痩せづらくなるものですが、これを放っておいては危険なことになりかねません。

まずは私のように、簡単にできる身近なところからスタートしてみると、下半身太りに良いアプローチができるかもしれません。ぜひみなさんも、下半身太りはむくみと冷えに注意して、無理のない範囲で撃退してみてくださいね。