痩身エステで勧誘に遭ったらどうしよう?対処法をお教えします!

「痩身エステで勧誘に遭ったらどうしよう?対処法をお教えします! 」のアイキャッチ画像

大事なイベントが合って急いで痩せなきゃいけないのに時間がない・・・

という方にピッタリなのが痩身エステ。

身体のむくみなどを取ることで、手っ取り早く身体をスッキリと見せることが出来ますよね。

でも、痩身エステといったらよく聞くのがしつこい勧誘。ちょっと痩身エステを試してみたいだけなのに、しつこい勧誘に遭ったらどうしよう・・・と初めての方は不安になっていることかと思います。

そこで多数の店舗の痩身エステを体験した私が、勧誘の現状と対処法をお教えしたいと思います。

しつこい勧誘って本当にあるの?

痩身エステのお店は法人や個人経営があると思いますが、経営を続けていくために顧客やリピーターの獲得が大切となり、新規顧客の獲得のノルマや目標があります。

ですので、私が行った痩身エステは会員への勧誘や回数券などの販売はもれなくありました。それに痩身エステは一度行っただけではあまり効果がわからず、サロン側も何度も通ってもらう為にどうしても勧誘がしつこくなってしまいがちです。

ただし、勧誘がしつこいという噂が立っているのもインターネットやSNSが普及する前の話であり、今はあまりに勧誘がしつこいとお店のイメージにかかわってしまいますので、

「しつこい」勧誘というのはほぼ無いといっても過言ではありません。

しかし、言葉巧みにあれよあれよと登録を進められて気づけば会員になっていた、回数券を買ってしまっていた、という可能性は大いにあります。

しかし、そのようなことになっても大丈夫です。お次はその対処法をお教えします!

NOが言えない・・・そんな時は?

痩身エステで検索をするとサロンに足を運んでもらうために、初月無料やカウンセリング無料など最初は料金がかからないようにしているお店はたくさんあります。

確かにお得な気がするのですが、その無料のプランで施術を受けた後に会員への勧誘などを受けると、申し訳無いような気がして強く断りにくくなってしまいます。

私もついついサロンの方説明を遮ることが出来ず最後まで契約の説明を聞いてしまい、断るに断れないような雰囲気になってしまったことが多々あります。

がしかし!そんな時にピッタリのセリフがあります。それは

「一度家に帰って考えてみます。」

これを言うと大抵の方は無理に契約してこようとしなくなるので、とても便利な言葉です。

無料で施術を受けたのに断る後ろめたさも無くなりますし、後々家に帰ってゆっくり考えて良かったらまたサロンに連絡をすれば良いのです。

それでもしつこく勧誘してくる場合は、「主人に相談してみます」や「母に相談してみます」など第三者の名前を出すことでより一層効果がありますのでお試し下さい。

つい契約してしまった時は?

その時はいいと思って契約してしまったが後々冷静に考えるとやっぱり契約しないほうがよかった。断り切れず契約してしまった。など後々後悔してしまった経験はありませんか?

サロンに連絡して違約金なども発生せずに契約を解除できれば良いのですが、そのよう行かない場合もあります。

そのような事になってしまった時の対処法をお教えします。

まずは「クーリングオフ」という制度です。

よく聞く制度ですが、エステの場合は適応される条件があり、それは

  • 契約期間が1か月を超えるもの
  • 契約料金が5万円を超えるもの
  • 書面で契約してから8日以内のもの

以上に当てはまるものであればどのような理由であっても適応されます。

クーリングオフをするためには「通知書」というものを書いてサロンに郵送すれば良いだけなのですが、詳しいことは消費者センターにご相談されることをお勧めします。

消費者ホットラインというものに電話をすれば身近な消費者センターを紹介してもらえるのでお勧めです。

クーリングオフが出来なかった、期間が過ぎてしまった、という方も大丈夫です!

まず日本では「消費者契約法」という法律が定められています。

これは消費者と事業所間の情報力や交渉力の格差是正、つまり今回の場合は

サロン側の専門的な情報力の多さやそれによる交渉の主導権を握ることによって

消費者、つまり私たちが正確な判断が出来ない為に契約を結んでしまった場合の救済措置です。

これにはいくつか当てはまる項目があったときに適応される法律です。

いくつか例に挙げると、契約するつもりが無いのに長時間拘束されて契約を結ばれた場合や、施術中に契約を無理強いされたとき、専門用語や専門知識を並べ立てて消費者が内容を理解しにくい状態を作り契約を結んだ時などに当てはまります。

もしかして私は当てはまっていないかも?と思う方でもまずは消費者センターへ相談をしましょう。

最後に

もし痩身エステでしつこい勧誘に合って契約してしまっても、何とかなる方法はたくさんありますが、何より自分できちんと判断して契約することが大切ですね!

痩身エステのサロンにも親身に相談に乗ってくれるところや、効果抜群のサロンもありますので勇気を出して一歩を踏み出せることをお祈りしております♪