ベビーカーの種類や選び方のポイントは?おすすめ5選も紹介!

ベビーカーの種類や選び方のポイントは?おすすめ5選も紹介!

これから赤ちゃんが生まれる前に、ベビーカーを買っておこうと持っている人も多いと思います。おでかけするときには、ベビーカーがあると本当に便利ですよ!

でも、ベビーカーって実は色々な種類があって、その人の使用用途に応じた選び方があることをご存知でしたか?そこで今回は、あなたのお子さんにぴったりなベビーカーが選べるよう、ベビーカーの種類についてや、選び方、さらにはおすすめのベビーカーについてご紹介します。

ぜひ、購入前に参考にして頂けると幸いです!

ベビーカーにも種類がある!

ベビーカーにも種類がある!

ベビーカーには実は、A型、B型の2つの種類があります。A型、B型って…なんだか血液型みたいですよね。

それぞれの特徴をさくっとまとめてみました!

A型

A型ベビーカーは、割と生まれてすぐに使えるタイプのベビーカーのことです。大体生後1カ月ぐらいの首が座ってからの使用が可能です。

特徴は、背もたれ部分を完全に倒すことができるということで、フラットにすることで赤ちゃんを寝かせて運ぶことができます。そのため、ハンドル部分も赤ちゃんと向かい合った側に固定することができ、お母さんやお父さんは赤ちゃんと向き合った状態で押すことができます。

A型ベビーカーは、小さな赤ちゃんでも安全に乗せられるよう、装備がわりと頑丈です。そのため、価格もやや高価なうえ重さもあるのが唯一のデメリットです。

B型

B型ベビーカーは、おすわりができるようになった頃の赤ちゃんが使えるタイプのベビーカーのことです。だいたい生後半年経った頃から使えるようになる物が多いです。B型ベビーカーは、A型ベビーカーと異なり、背もたれ部分が寝かせられずフラットにならないのが唯一のデメリットです。

しかし、B型ベビーカーは割と軽装備なので価格も安く重さも軽いといったメリットがあります。

ベビーカーの選び方は?

ベビーカーの選び方は?

赤ちゃんの月齢で選ぶ

小さいうちから赤ちゃんと一緒に行動する機会が多いのであれば、A型を。割と大きくなってからの使用ならば、B型を選ぶのがいいと思います。

お出かけシーンで選ぶ

マイカーを使う機会が多い方なら、割と重量が重いA型でも問題ありませんが、電車を使う機会が多いという人ならば、いくらでも重量の軽いB型を選ぶのがおすすめです。

予算で選ぶ

子育てって思っている以上にお金がかかるものですよね。いくらでも出費は押さえたいものです。予算に応じたベビーカーを選ぶこともとても大切です!

おすすめのベビーカー5選!

おすすめのベビーカー5選!

fugebabyベビーカー

fugebaby(ヒュージベビー)のベビーカーは、A型ベビーカーで、生後1カ月からだいたい3歳ころまで使用することができるアイテムです。A型ベビーカーと言うと、重いのが唯一のデメリットですが、こちらはわずか4.9kgとほかのベビーカーに比べてみても軽いのが嬉しいポイントです。

また、軽くて押しやすい車輪にも秘密があって、ダブルホイールのオート4キャスタイプなので、軽い力でくるっと方向転換をすることが可能なんです!また、シェードには、紫外線を99%カットしてくれる通気性の良いシートを採用しているため、赤ちゃんの日焼けにもばっちり!

Combiベビーカー UE-720

こちらも、A型ベビーカーで、数多くのベビー用品を手掛けるCombiのアイテムです。こちらも、1か月から3歳ごろのまでの使用が可能なタイプです。

こちらの最大の特徴は、衝撃吸収素材を使用している点!赤ちゃんが安心してそこで座っていられたり、眠っていられるよう、注目素材のエアウィーヴが使われています。

そのため、ちょっとした段差を移動したりしても、赤ちゃんへの衝撃が少なくて済むのが嬉しいポイントです。

Pigeon両対面式RunfeeRA8

こちらもベビー用品を数多く販売しているメーカー、Pigeon(ピジョン)のA型ベビーカーで、同じく1カ月から3歳までの使用が可能なベビーカーです。こちらのベビーカーは、押しやすさや赤ちゃんの快適性など、トータル的なポイントを押さえてあるのが特徴です。

大きめなシングルタイヤを搭載することによって小回りと押しやすくなっています。さらに、スイング式サスペンションを搭載し、赤ちゃんへの衝撃を和らげてくれる点も非常に嬉しいですよね。

Jeepスポーツリミテッドベビーカー

こちらは、バギーカーともいわれるタイプのB型ベビーカーです。Jeepのスポーツタイプは、見た目もスタイリッシュでおしゃれなのが特徴です。7カ月ごろからのおすわりができる赤ちゃんからの使用が可能です。

重さが軽いうえ、折りたたんでも非常にコンパクトであるのがこのベビーカーの特徴です。そのため、電車などを使っておでかけする人にとっても非常に便利なアイテムです。

アップリカ 軽量ベビーカー

こちらも、ベビー用品を数多く販売するメーカー、アップリカのベビーカーです。B型タイプのベビーカーで、バギーよりも作りが頑丈になっているのが特徴です。背もたれ部分には、通気性の良いクッション素材を使用しているため、衝撃も和らげてくれます。

また、サンシェード部分が割と大きくできているため、赤ちゃんやお子さんを日差しから守ることができます。

アップリカのベビーカーについては、動画でも紹介されているのでぜひチェックしてみてください!

まとめ

・バギーカーの種類にはA型とB型の2種類がある

・バギーカーは月齢や使い方で選ぶことができる

バギーカーと一口に言っても、色々なタイプがあることがわかっていただけたと思います。種類によっても、用途によっても選び方が色々であるため、購入前にはどういうシーンで使うのが予想しながら買うことが必要なんです。

これから生まれてくるわが子との楽しい外出シーンを思い浮かべながら、ぜひみなさんも自分のお子さんにぴったりなベビーカーを選んであげてくださいね!