出産後の贅肉のつき方がエグイ!ダイエットを促す3つのポイントは?

「出産後の贅肉のつき方がエグイ!ダイエットを促す3つのポイントは?」のアイキャッチ画像

出産後についた贅肉って、なかなか落ちないんですよね!私も、出産後はダイエットに悩まされてきました。

30代を超え、年のせいかな?と思った時期もありましたが、完全に痩せづらい体になった転機は出産だった!と今思っています。

みなさんも、出産を機に痩せづらくなったとか、贅肉がめちゃくちゃつくようになったってことありませんか?

そんなエグイ贅肉には、ポイントを抑えたダイエットがおすすめだと、先日行ったヨガの先生から教わったので、ちょっとだけ情報のおすそ分けをさせてもらいたいと思います。ぜひみなさんも、出産後の贅肉対策のヒントにしてみてくださいね!

出産後の贅肉対策ポイント①食べ物に注意!

出産後の贅肉対策ポイント①食べ物に注意!のアイキャッチ画像

ヨガの先生曰く、食べ物は生きることの基本なんだそう。これを疎かにしては、身体バランス、つまり贅肉がつきやすくなるみたいです。

私も、出産後はストレス解消とばかりにポテトチップスばかり食べていました。早々に授乳は完ミへと移行してしまったため、何を食べてもよいとタガが外れたように食べまくった記憶がございます。

こんな悪の所業を責めることなく、先生は「野菜のおいしさに気づけるようになろうね。」と教えてくださいました。先生曰く、私が美味しいと思って食べているポテトチップスやスウィーツは、塩や砂糖で加工されたおいしさなんだそう。

しかし、野菜のおいしさがわかると本当に食べることの楽しさを感じられると教えてくださいました。とくに、先生のオススメは温野菜だそうです。

身体を冷やさない温野菜は、食事のメインにもなる美味しい食事の1つ。味気なさが気になるなら、少量の塩やドレッシングにこだわってゆっくり食べると美味しいと紹介してくださいました。

それを聞いた私もすぐに、レンジ用のスチーマーを購入しました。手軽で便利、しかも慣れてくると色々な食事に応用できて便利ですよ。

温野菜も、物足りなさがあるときはチキンなどをプラスして、ヘルシーな食事を心がけています。子供の離乳食にも使えるので、育児に忙しいお母さん方にもぜひおすすめです!

出産後の贅肉対策ポイント②ながらでカロリーを消費!

出産後の贅肉対策ポイント②ながらでカロリーを消費!

先生は、カロリー計算は食べものにするのではなく、動くことにするべきだとおっしゃいます。私もよくあるんですが、スウィーツなどを選ぶ時、ついつい裏面の表示のカロリーを見て選んでいることありませんか?

ついついカロリーを気にすることで、いかにも自分はヘルシーにこだわってるよって感じ…。この行動って、はっきり言っちゃえば自己満なんですよね。

カロリーを気にするなら、食べるものではなく動くことに対して気にするのが正解みたいです。とくに、子育てをしながらですと、満足にエクササイズに時間が取れないことも多いもの。

そんな時に先生がおすすめしてくれたことは、ながら運動です。ながら運動とは、何かをしながら運動をついでにやっちゃうこと。

先生いちおしのながら運動が、寝ながらできる腹筋系のヨガです。出産後特に気になる贅肉がつきやすいぽっこりお腹に効く、腹筋系のヨガなら、寝ながら行うことができるので、赤ちゃんが寝たなというタイミングで簡単にトレーニングができちゃいます!

私も、暇があれば子供のお昼寝タイムなどに活用させてもらっています!簡単なやり方動画を見つけたので、ぜひこちらを参考にしみてくださいね。

ほかにもおすすめは、家事の時のつま先立ち歩き。たったこれだけでも随分とカロリーを消費してくれますよ!

ちなみに、体力的にまだあまり激しい運動はできないという方には、インナーコアを鍛える正しい姿勢からスタートしてみましょう。耳、肩、手の位置をまっすぐにし、反り腰に気をつけます。

1日これに気を付けて生活するだけで、インナーコアに劇的なアプローチをしてくれます。正しい姿勢も身につくうえ、代謝もよくなり痩せやすい身体作りにもつながりますよ!

出産後の贅肉対策ポイント③冷えに注意!

出産後の贅肉対策ポイント③冷えに注意!のアイキャッチ画像

出産後まもなく、母に言われたのは水に触るなということでした。これはどういうことかというと、冷えに注意しろってことなんですね。ヨガの先生もその点に関して教えてくれました。

女性は冷えに特に弱い生き物なんだそうで、万病のもとは冷えから起こることもあるぐらい怖いものなんだと教わりました。出産後は特に体力を消耗しているものですので、冷えは特に恐ろしい存在なんだそうです。

しかし、冷え性の一番怖いところは何と言っても、痩せづらくなると言う点です。血行が悪いと、代謝も悪くなりダイエットもうまくいかなくなります。

こうした環境を打破するためにも、冷え性は改善するべきなんですね。ちなみに、私のいちおしは冷え取り靴下!

重ね履きをすることで、温かさもあるうえ保湿にも役立ってくれます。私は、冬になると必ず2~3足用意しておりますが、夏場も基本は靴下をはくように気を付けてます。

そのおかげで、ここ何年と冬場は足先が冷えることはありません。冷え太りにお困りの方は、ぜひ冷え取り靴下をお試ししてみてくださいね。

まとめ

・出産後の贅肉対策ポイント①食べ物に注意!
・出産後の贅肉対策ポイント②ながらでカロリーを消費!
・出産後の贅肉対策ポイント③冷えに注意!

女性は身体の特性上、どうしても妊娠後は贅肉が付きやすくなります。しかし、子供のお世話や自分の身体を考えれば、すぐに激しい運動をすることは難しいものです。

そんな時でも、今回紹介した方法ならすぐに取り組むことができます。まずは、自分のできる範囲からスタートし、出産後の贅肉対策に役立ててみてくださいね。