つわりでカレーが食べたくなるって本当?理由や注意することは?

「つわりでカレーが食べたくなるって本当?理由や注意することは?」のアイキャッチ画像

つわりの時期ってつらいですよね!私も妊娠中のつわりには本当に悩まされました。

うちは女系家族なのですが、私だけが吐きづわりで、あとは食べづわりだったと聞いています。食べづわりとは文字通り、食べないと気持ち悪くなることで、どんどん食べてしまうつわりのこと。

その中でも私がびっくりしたのは、妹のケース。妹は、2人子供を産んだのですが、1人目のときに、とにかくカレーだけが食べたい!と言っていたのを覚えています。

え?つわりの時期にカレー?!とびっくりしていましたが、実は結構そういう人っているんですね。でも、つわりは妊娠初期に起こるものですから、その時期に香辛料たっぷりのカレーを食べても平気なものなのでしょうか?

今回は、つわりの時期のカレーは本当に大丈夫なのか、食べたくなる理由や注意するポイントを紹介します!

つわりの時期にカレーが食べたくるなる理由は、スパイスって本当?

「つわりの時期にカレーが食べたくるなる理由は、スパイスって本当?」のアイキャッチ画像

私の妹に、なぜカレーがつわりの時期に食べたくなったの?と聞いたことがありました。すると妹は、「なぜかはわからないけど、カレーのにおいをかいで、これなら食べられる!と思った。」と答えました。

うちの妹は、どうやらカレーのスパイシーなにおいに食欲をそそられたようです。うちの妹のように、カレーのスパイスのにおいをつわりの時期に求める人が結構いるようです。

また、同じようにつわりの時期にカレーばっかり食べていた友人は、つわりの時期のカレーは美味しく感じる!と答えていました。なんでも、ピリッと辛口のカレーがとくに食べたくなったとのこと。

妊娠中は、味覚が変わりやすくなると言いますが、味やにおいが特徴的なスパイスの刺激をついつい求めてしまう人も割と多いことから、つわりの時期にカレーが食べたくなるという人が結構いるみたいです。

妊娠中にカレーを食べる時の注意点は?

「妊娠中にカレーを食べる時の注意点は?」のアイキャッチ画像

普段から食べている割とポピュラーな食べ物でもあるカレーですが、実は妊娠中は気を付けなければならない食べ物でもあります。というのも、カレーには前段の通りスパイスが入っており、お腹の中の赤ちゃんには刺激が強すぎる場合があるからです。

ピリッと辛いものをついつい、つわりの時期に求めてしまう人は、ほどほどにするのがよさそうですね。また、妊娠中はとにかく「塩分·糖分·油分」に気を付けなければなりません。

塩分·糖分·油分の過剰摂取は、妊娠高血圧症候群という症状のリスクが高まりやすくなります。妊娠高血圧症候群とは、高血圧やむくみ、さらにひどいと胎児の成長にも害を及ぼすことのある症状のことです。

ちなみにうちの妹は、まさにこの妊娠高血圧症候群にかかってしまい、妊娠中の後半は病院のベッドで過ごしておりました…。血圧が最高で150を超えたこともあり、本当に心配したものです。

カレーはこの塩分·糖分·油分が豊富に含まれている食べ物ですので、毎日食べ続けるのはNG!できるだけ避けるのがよさそうです。

とはいえ、どうしてもカレーが食べたい!という時には、ヘルシーなカレーで代用してみるのもいいですね。次の動画では、おすすめの豆腐入りキーマカレーの作り方を紹介しています。ぜひお試ししてみてくださいね。

妊娠中に気を付ける食べ物は?

「妊娠中に気を付ける食べ物は?」のアイキャッチ画像

さて、つわりの時期は塩分·糖分·油分に気を付けるべきと言いましたが、実はそれ以外にも妊娠時期を通して気を付けるべき食べ物があるってご存知でしたか?ここではその食べ物をご紹介しますので、妊娠中の方は次の食べ物に気を付けましょう!

生魚

生魚の中でも、マグロやメカジキなどの大型の魚には、水銀が含まれていると言われています。水銀は胎児に影響を及ぼすことが懸念されているため、1度にたくさん食べたり、継続して食べたりするのはNG!

うなぎやレバー

うなぎやレバーもまた、1度にたくさん食べたり、継続して食べたりするのはNGと言われています。理由は、うなぎやレバーに豊富に含まれているビタミンA。ビタミンAの過剰摂取は、胎児に影響を及ぼす可能性が高いと言われています。

海藻類

ひじきなどの海藻類もまた、過剰摂取はNGの食べ物です。実は海藻類にはヨウ素と呼ばれる成分が含まれており、とくにひじきにはヒ素という成分も入っているとされているため、過剰摂取は好ましくありません。

生肉·ナチュラルチーズ

生ハムやレアなお肉、さらにナチュラルチーズなどには、リステリア菌という菌類が入っている可能性があり、胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。妊娠中は十分に火を通したお肉や、プロセスチーズなどを食べるようにしましょう。

アルコール

既に一般常識として知られていますが、もちろんアルコールはNG!赤ちゃんの発達を阻害する恐れがあるので、妊娠中は我慢しましょうね。

ちなみに、少し前に話題になったはちみつは、実は妊娠中に食べても大丈夫な食べ物です。ボツリヌス菌は、赤ちゃんには害を及ぼしますが、妊婦さんが食べる分には問題がありません。

まとめ

·つわりの時期はカレーのスパイスに食欲をそそることがある!

·つわりの時期は塩分·糖分·油分に気を付ける!

·妊娠中には食べられないものもある!

妊娠中は、何かと制限されることが多いですが、非常に短い期間のことです。元気な赤ちゃんを産むためにも、ここはぐっと我慢することも大切。

とくにつわりの時期は、偏食になりやすくカレーを食べたい気持ちになる人も多いですが、できるだけヘルシーな食事をするのがよさそうです。ぜひみなさんも、妊娠中の食べ物には十分に気を付けてお過ごしくださいね!